ティオ アーキテクツ 一級建築士事務所

こちら東京、池袋、要町。建築設計事務所の記録です。作品集www.tio.tokyo

建築家

私たちの時代のスター建築家のひとりであり、代表作の自邸にお暮らしの阿部勤さん。しばらく前から映像や本で最近のお姿をお見かけしては気になっていた。ついにNHKでも番組が一本。たくさんの方が私と同じように阿部さんの暮らし方、住まいや食、たたずまいに惹かれているのでしょう。慌ただしい日常の中ふとした瞬間に、あの方はこうされていたなぁと立ち止まって考えたりしている。

f:id:ookusasann:20210919122414j:image

最近本の中で、吉原や玉の井あたりをウロウロしている。そう遠くなく何かのコンプライアンスに引っかかって、こういうことを題材にした芸能や記録さえも無かったことになるかもしれない。

 

粋や風情を語るもの、悲惨な裏事情を語るもの

f:id:ookusasann:20210919121514j:image

ちょっとベタかな?と思いつつ。手に取って良かった。心のどこか、深いところに引っかかっていたものが解れた。孤独について、、、f:id:ookusasann:20210902101521j:image

 

 

 

昔、私の師事していた建築家が、当時70代だったこの方と会った感想を「同じ年代に生まれていたら間違いなく恋をした」と言っていたのを思い出した。

夏晩酌

フランク・キャプラ監督作をいくつか見ながらどれもこれも価値観に疑いのない良き国と正しい人たちの幸せな時代。ゲーリー・クーパーの澄んだ眼差しと無邪気な演技。よく見る顔つきのお決まりキャラクター皆白人。市川崑の1964オリンピック記録映画の熱や幸福感とリンクする。

 

今やどんな正義や理想やヒーローにも裏表があり賛否があり、一つの方向に皆の気持ちが向かう事はないんだと思う。